システムエンジニアのお仕事

SE(システムエンジニア)の生態について研究しているブログです。

自分の知識にない事は実現できないと本気で思っていたイタい人

協力会社の人で結構長い間、うちの会社で作業していた人がいたのですがこの人が非常に厄介な人でした。

その人は、ずっとプログラマ一筋でやっていた人でプログラミング周りの知識には過剰な自身を持っていて、基本的に上から目線で初対面の人にもタメ口で話すという絶対に関わりたくない人でした。

 

なぜその人がクビにならなかったというと、うちの会社の上の人間がその人が出来る人だと勘違いしていたためでした。現場は非常に迷惑していました。

そしてあるとき、私が仕切っていたプロジェクトに行き場を失ったその人が入ってきました。最初は様子を見ながら仕事を振っていたのですが、タメ口で話してくるし、どうでもいいところにこだわるし、頼んでもないのにうちの若い社員のソースコードをチェックして勝手に教えたりめちゃくちゃでした。

挙げ句の果てには、頼んだ仕事に対して自分の知識の中ではそれは実現できないはず、と言われてしまいました。普通に出来ることだったのですが…

その人がやる仕事より、その人を管理する工数に時間を取られるようになったため、いない方がましと上司に言って外してもらいました。

結果的に、私の管理能力不足という感じになってしまいました。